TOP > キャリアアップ > できる経理は常に数字を意識している!?

キャリアアップ

2017.10.05(木)

できる経理は常に数字を意識している!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計経験5年の計(はかり)お嬢様!……なんだかふくよかになられましたね(・∀・;)ん?「ルーチンワークばっかりで退屈だからついお菓子を食べながらダラダラ仕事してしまう」?なるほど……。まったくお嬢様は!経理をただの退屈なルーチンワークだと思ったら大間違いでございますよ。経理というのは本来、常に数字を意識して経営陣に改善提案ができるくらいのレベルになってこそ一人前と言える仕事でございます!

数字を意識して改善提案ができる経理に!でごさいます

経理の仕事は単に「計算をする」というものではありません。経営者目線に立って常に数字を意識し、改善提案ができるようになってこそ経理としての真価を発揮できていると言えるのです。それがどういうことか、詳しくご説明いたしましょう(`・ω・)ノ

経理では全ての費用を把握することが可能

経理部は、会社全体のありとあらゆる費用を閲覧することができる部署でございます。ということは、月次決算が終わった後に試算表を見れば、どこの費用がかさんでいる、どこの費用は削減できているといったことを把握することももちろん可能です。

そんなポジションにいながら、ただ機械的な経理処理をするに留まるのはあまりにもったいないことだとお思いになりませんか?数字を分析して経理部独自の視点で改善策を考え、経営陣に指摘・提案を行えば、会社全体にとってプラスになるのはもちろん社内での経理の存在価値を高めることができます。

会社から必要とされる経理として働きたいなら、ご自分の担当部分だけでなく試算表全体を見渡して、全体の数字を把握・分析するという習慣を身につけましょう。

「経理も利益を生み出せる」ってどういうこと?

また、経理は何も生み出さないように思われがちな部署でございますが、実はそんなことはございません。確かに売り上げに貢献することはできませんが、「コスト削減のために提言する」というやり方で利益を生み出すことは可能です。

「どの費用が削減すべきで、どの費用が削るべきでないか」という視点は、普段から会社全体のお金の動きがわかっている経理ならではのものです。総務部と連携しつつ、例えば会社支給の携帯電話やWi-fiの利用プランの見直しなど、「削減すべきコストを適切に削減しよう」という提案ができる経理を目指しましょう。

ただし、そのためには日ごろから会社の中のことだけでなく、世間のニュースや新しいサービスなどにも常にアンテナを張っている必要があります。経理としてのプロフェッショナルになるのはもちろん、幅広い知識や情報を備えた人材となることを目標としてください。

経営者が「ほしい」情報をまとめておく

会社全体のお金の動きを把握・分析し、経営陣に提案ができるようになったら、もうワンランク上の経理を目指すときでございます。ここでいうワンランク上の経理とは、端的に言えば「社内の数字のプロ」。普段から経営者の動向を観察してどういった情報・数字を欲しているか察知し、経営者に求められる前にそれらをまとめておけるような人材です。

くどいようですが、「ただ計算するだけ」の経理は求められていません。経営者に求められてから慌てて数字を出すようでは遅いのです。言われるままに作業するのではなく、経営者の欲しているものを先回りして用意できるような人材を目指しましょう。

求められる経理のカタチは変わっている!

フィンテックの発展や経理人材の飽和により、ただ計算ができるだけの経理が生き残れる時代は終わりました。「経理はルーチンワークだから」などとあぐらをかいている場合ではございませんよ!気合いを入れ直して、常に数字を意識し提言ができる「使える経理」に成長してくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理キャラナビ賢人タイプ診断!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ