TOP > キャリアアップ > 会計畑で役に立つ資格「MOS」の正体とは?

キャリアアップ

2017.05.11(木)

会計畑で役に立つ資格「MOS」の正体とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計経験5年の計(はかり)お嬢様!最近、転職についてお考えのようですね。以前にもお話しした通り、会計職の転職の際は転職先でも通用する「ポータブルスキル」を身につけておくことが大切です。今日はお嬢様にぜひ身につけていただきたいポータブルスキルの一つである、「MOS」についてお話しさせていただきますね!

転職に役立つ「MOS」ってどんな資格?でごさいます

「MOS」とは、「マイクロソフト オフィス スペシャリスト」の略です。マイクロソフト オフィスとは言わずと知れた「Word(文章作成ソフト)」「Excel(表計算ソフト)」「PowerPoint(プレゼンテーションソフト)」などのソフトのこと。つまり、「MOS」はそれらのソフトの利用スキルを証明する資格なのでございます。

会計職の転職ではPCスキルが重要視されます。しかし、いくらWordやExcelのスキルがあっても、口で言うだけでは説得力に欠けますよね。そこでぜひ取得すべきなのがマイクロソフトの公認資格である「MOS」でございます。MOSを取得することで、ご自分のWordやExcelのスキルを転職先に証明することができるのです!

MOS試験の概要

MOSの試験科目には「Word」「Excel」「PowerPoint」「Access」「Outlook」の5つがあり、現在はそれぞれ「2016」「2013」「2010」のバージョンがあります。また、WordとExcelに限り「スペシャリストレベル(一般)」のほかに、より難易度の高い「エキスパートレベル(上級)」の資格も用意されています。

スペシャリストレベルは基礎から応用までを網羅した試験ですが、合格率が高く、独学でも取得可能なレベルの資格でございます。難易度の高い試験ではないため、独学で勉強する場合は1日2~3時間、2週間前~の短期集中で一気に覚えてしまうことをおすすめします。

受験資格は特になく、年齢・国籍を問わず誰でも受験できます。試験は毎月1~2回いずれかの日曜日に行われる全国一斉試験と、最寄りの試験会場で受験できる随時試験の2種類でございます。受験料は1科目10,584円(税込)で、複数の科目を受験することも可能です。

ちなみに、Word、Excelのエキスパートを取得し、他の選択科目も取得することができれば「マイクロソフト・オフィス・スペシャリスト・マスター」という称号と認定証を得ることができます。

MOSを受験するメリット

MOSを受験するメリットは、まず就職や転職の際に自身のPCスキルを保証してくれる肩書きを得られることでございます。また、資格という保証があることで選考が有利になるほか、資格取得に向けて努力した実績が評価されることもあります。

また、試験に向けて勉強する中で我流のやり方でなく正しいスキルを身につけられることもMOS受験の大きなメリットでございます。そのため、MOSの試験は元々スキルを持っている人が自身のスキルを証明するために受験する場合もあれば、初心者が試験に向けて勉強しながらスキルを身につけ、資格取得を目指すという場合もあるようでございます。

MOSの試験に向けて勉強する過程で、マイクロソフト オフィスの操作だけでなくPCの基本操作も習得できます。WordやExcelなどが使いこなせるようになるだけでなく、他のソフトウェアでも活用できるスキルが身につくのです。その結果、肩書きだけでなく転職先で即戦力となれる実力を手に入れることができるのでございますよ!

転職するならMOSを取得しよう!

いかがでしょうか、計(はかり)お嬢様!転職に役立つMOSの概要と、MOSを取得するメリットについてお分かりいただけたかと思います。お嬢様がMOSを取得すれば、鬼に金棒!でございますよ。この機会にぜひMOSを取得し、槙村と共にさらなる飛躍を目指しましょう(`・ω・)ノ

転職やキャリアアップをお考えの方、新しい「わたし」に出会いませんか?パソナのキャリアコンサルティングは、一緒にあなたらしいキャリアを見つけます。

一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理キャラナビ賢人タイプ診断!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ