TOP > キャリアアップ > 異業種の経理・会計への転職を目指す際のアピールポイント

キャリアアップ

2017.12.07(木)

異業種の経理・会計への転職を目指す際のアピールポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計経験5年の計(はかり)お嬢様! 経理・会計としての転職を目指しているようでございますが、今の会社とは別の業種(業界)への転職も選択肢に入れていらっしゃるようですね。異業種の経理・会計への転職を目指す際には、押さえておきたいアピールポイントも同業種の場合とは異なることをご存知でしょうか? 把握しているか否かで転職活動の進め方が大きく異なりますので、今回はアピールポイントについて説明いたします(`・ω・)ノ

経理・会計の異業種への転職において何をアピールする?でごさいます

経理・会計の転職においては、実は出身業界の経験はあまり問われません。したがって、異業種への転職を希望される場合も、必要以上に構える必要はありませんのでご安心ください。金融(銀行・証券・保険)は勘定科目の違いがあり、メーカーは原価計算を行う業務が求められるためこの限りではありませんが、その他の多くの業界では、業界経験よりも経理・会計としての実務経験が採用の際に重要視されるのです。では具体的にどのような実務経験が必要とされるのでしょうか?

重宝される実務経験とは?

どんな業界の経理職であっても重宝されるのが、連結決算や有価証券報告書、株式公開(IPO)準備などの業務経験でございます。これらの業務は上場企業、あるいは株式公開前のベンチャー企業といった限られた環境でしか経験できない業務のため、経験者の絶対数が少ないことが特徴です。

上記の業務経験がない場合は?

あっ、お嬢様! それらの業務経験がないからと言って落ち込んではいけません! もちろんあるに越したことはありませんが、経験がなくても異業種への転職を成功させている経理・会計の方は山ほどいらっしゃいます。

お嬢様のような特殊な業務経験がない方が異業種への転職を成功させるには、やはりその他の幅広い業務の経験やマネジメント力が重要なカギとなります。できれば、経理のみではなく財務や人事総務などの管理全般の経験があり、人的マネジメントに加えて業務マネジメントも経験していると望ましいと言えます。

非上場企業では管理部門が細分化されておらず、経理と人事総務を同じ部門で担当していることも多いので、管理全般に関するより総合的な業務経験を積むチャンスは十分にあると言えるでしょう。

経験がなくとも高い意欲をもった人材は評価される

異業種への転職を成功させるには実務経験を積み、マネジメント力を高めることが重要でございます。しかし、あまり実務経験がなくても、専門部門の垣根を越えてスキル向上のために勉強している方はニーズがあるのもまた事実。日ごろから自身の領域以外の業務にも意欲を持って仕事の幅を広げることも大切でございますよ。どうか積極的に経験やスキルを蓄えて、来たるべきときに備えてくださいね(`・ω・)ノ

転職やキャリアアップをお考えの方、新しい「わたし」に出会いませんか?パソナのキャリアコンサルティングは、一緒にあなたらしいキャリアを見つけます。

一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理キャラナビ賢人タイプ診断!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ