TOP > キャリアアップ > 経理・会計・財務にとってオススメな転職時期とは?

キャリアアップ

2018.03.08(木)

経理・会計・財務にとってオススメな転職時期とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計経験5年の計(はかり)お嬢様!転職活動は順調でございますか?――え?出始めた春のスイーツをついつい食べ過ぎてしまい、スーツが全然入らないから中断した!?全くお嬢様といったら……本当に転職される気あるんですか?(・∀・;)

まあ、今回のタイミングを逃したとしてもまだまだチャンスはございます!今日は経理・会計・財務にオススメの転職時期について改めてお話しさせていただきますので、今後の参考になさってくださいませ(`・ω・)ノ

経理・会計・財務の求人はいつ増える?でごさいます

ご存知の通り、経理・会計・財務の仕事には、非常に忙しい時期(繁忙期)と落ち着いている時期(閑散期)がございます。実は、経理・会計・財務の求人が増える時期は、この繁忙期・閑散期の波と密接に関係しているのです。

経理・会計・財務の年間スケジュール

最も一般的な3月決算の会社の場合、経理・会計・財務の仕事の年間スケジュールは例として以下のようになります。


・4月:決算作業
・5月:法人税の申告・納付
・6月:株主総会
・7月:夏季賞与の計算・支給
・9~10月:中間決算
・11月:法人税の中間申告・納付
・12月:冬季賞与の計算・支給/年末調整
・1月:償却資産申告書の作成・提出
・3月:次の決算準備

このうち、最も忙しくなるのは年次決算の3~4月ごろ。9~10月の中間決算や12月の年末調整の時期も繁忙期と言えるでしょう。

求人募集が増えるのは閑散期

繁忙期はどの会社も人手がほしいものですが、わざわざ忙しい時期の真っただ中に採用活動をする会社は多くありません。次の繁忙期に備えて、閑散期のうちに求人募集をかける会社が多いのです。そのため、忙しさが落ち着いている決算前の1~2月、中間決算前の7~8月になると求人の件数がグッと増加します。

以前もご紹介した通り、1~2月は忙しさが落ち着いていることに加え、退職者が増えたり、新規事業の立ち上げに伴って人員を増やす必要が出てきたりする時期のため、どの会社も特に採用に力を入れています。この時期に採用されると4月入社になるので、転職者にとっても一番スムーズに会社に溶け込める時期と言えるでしょう。

7~8月は経理・会計・財務にとって1年のうちで最も仕事が落ち着いている時期のため、多くの会社が採用に積極的になります。また、仕事が一段落したこのタイミングで辞める人も多いので、その欠員補充のために求人募集をかけるという会社もたくさんあります。さらに、この時期に転職活動を始めると、年度半期を迎える10月に入社しやすいというメリットも。1~3月に次いでおすすめの転職時期でございます。

これからの時期は転職に向けて力を蓄えられる期間

これからの時期は1月から活発になっていた採用活動が一旦落ち着きますが、逆に言えば転職に向けて力を蓄えることができる期間でもあります。転職のチャンスを逃した……と焦るのではなく、次のチャンスである夏を見据えて転職活動の計画を立て、じっくり自己分析をしたり、資格取得を目指して勉強したりする時間をつくりましょう!

転職やキャリアアップをお考えの方、新しい「わたし」に出会いませんか?パソナのキャリアコンサルティングは、一緒にあなたらしいキャリアを見つけます。

一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ