TOP > キャリアアップ > 新人経理・会計からキャリアアップを目指すには?

キャリアアップ

2018.04.05(木)

新人経理・会計からキャリアアップを目指すには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計未経験の算(かぞえ)お嬢様!4月といえば、新入社員が入ってくる時期でございますね。お嬢様のような経理・会計未経験であることに加え、社会人一年目のフレッシュマンたちがひとり、またひとりと経理・会計の世界に足を踏み入れていくのですね……!なんだか感慨深い気持ちになります。

この時期は求人が少し落ち着いたこともあり、転職活動はしばしお休みでスキル磨きに精を出していらっしゃるご様子のお嬢様ですが、無事に転職先が決まれば経理・会計人生のスタートになります!比較的余裕のある今のうちに、晴れて経理・会計職に就くことができた後のことを予習しておきましょう!

新人経理・会計が一人前になるまでの道のりって?でごさいます

お嬢様のように経理・会計未経験の方が実務経験を積んで一人前の担当者、そして中堅と呼ばれるまでになるには、どんな道のりを歩んでいく必要があるのでしょうか?ステップごとに順を追ってご説明します。

研修期間

新人経理・会計がまずやるべきなのは、自分の会社についてくわしく知ること。経理は会社経営において不可欠な職種ですが、その役割は会社の規模や業態によっても大きく異なります。まずは自身の会社の経営理念やビジョン、組織や各種規定について十分理解し、その会社で経理・会計として働くうえで必要なベース作りに励みましょう。

入社1~3か月

経理の基本は「簿記」「仕訳」になりますが、これらを新人に一から丁寧に教えるほどの時間はないかもしれません。そのため、新人は自ら勉強しながら、どんどん経験を積んで覚えていくといいでしょう。この時期は仕事を選り好みせず、どんな仕事も実際にやってみて、わからなければ積極的に質問して吸収するという姿勢が大切でございます。

入社3か月~1年未満

経費の分類や管理、売掛金・買掛金の管理、給与計算や源泉徴収に関わる業務など、経理・会計の基本業務がある程度身に付いてくるこの時期。まずは基本業務をこなせるようになることが大前提ですが、伝票や給与の処理などを通して総務や人事といった他部門と関わりをもちながら、会社全体のお金の流れを把握できるように努めてください。

入社2年目

実務経験を1年積んだ2年目は、年次決算業務に関わることになるでしょう。そのため、この時期は年次決算業務にあたるための準備期間と心得て、年次決算で必要となるルールを覚えることに集中するのでございます。具体的には、固定資産の管理・処理や原価計算といった業務をマスターしたり、営業外損益についての理解を深めたりしておくとよいですね。

入社3年目

経理・会計の基本業務をマスターし、決算業務のすべてを理解できているわけではないものの、補助業務ができるようになっているのがこの時期。ITスキルや業務分析について勉強し、よりいっそうのスキルアップを図りましょう。

ITスキルや業務分析スキルが身に付けば、経理・会計の業務効率を向上させることができます。業務の効率が上がって余裕が生まれれば、会社全体の取引や資金の流れをより深く把握できるようになるため、ワンランク上の中堅の経理・会計として活躍する日も遠くはなくなりますよ(`・ω・)ノ

段階ごとの目標を意識しながらレベルアップしよう!

今日は新人から中堅の経理・会計になるためのステップについてお話しさせていただきました。実際に経理・会計として働き始めると、最初は右も左もわからず、ただがむしゃらに頑張るということになると思います。しかし、「どの段階でどういった業務をこなせるようになるべきか」という大まかな段取りが頭に入っていれば、きっとステップアップの道しるべとなるでしょう。

まあ、お嬢様の場合はまず転職を成功させることからでございますね!今回お伝えしたことを踏まえて経理・会計としての将来のビジョンを描きつつ、まずは転職活動から頑張りましょう(`・ω・)ノ

転職やキャリアアップをお考えの方、新しい「わたし」に出会いませんか?パソナのキャリアコンサルティングは、一緒にあなたらしいキャリアを見つけます。

一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ