TOP > キャリアアップ > 転職活動のモチベーションの保ち方

キャリアアップ

2018.06.14(木)

転職活動のモチベーションの保ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

経理・会計経験5年の計(はかり)お嬢様!なんだか最近じめじめしていて過ごしにくい日が続いていますね~……。お嬢様は転職活動の真っ最中でいらっしゃると思いますが、順調に進んでいらっしゃいますか?――え?蒸し暑くてちっともやる気が出ない?なんとまあ……。お嬢様、もうすぐもっともっと暑い夏がやってくるのですよ、今からそんな調子では先行きが不安すぎでございます……(・∀・;)

ですが、確かに転職活動のモチベーションの維持が難しいのは事実でございますね。わかりました、それでは今日は転職活動のモチベーションを保つ秘訣についてお話しいたしましょう。今、紅茶をお淹れしますので、まずはしっかり起き上がってくださいませ、お嬢様!

転職活動のモチベーションが維持できない……そんなときは?でございます

転職活動のモチベーションを維持するのは、決して容易なことではありません。雨の日も暑い日も関係なく面接に行かなければなりませんし、書類作成や面接対策といった準備には手間がかかります。そのうえ、思うように選考が進まず自分に自信がもてなくなったり、終わりの見えない活動に不安を抱くようになったり……。現職の業務との両立も大変でしょう。

そんな状況下でモチベーションを維持するには、以下のような方法が有効です。順に見ていきましょう。

気持ちのコントロール編

モチベーションを維持するのに不可欠なのが、揺れ動きがちな気持ちをコントロールする術をもつこと。では、具体的にはどのようなことを行えばよいのでしょうか。

選考に落ちてもあまり気にしない

転職活動において最もつらいと感じるのは、やはり選考に落ちてしまったときでございますよね。不採用通知が来ると、これまでの自分のすべてを否定されたような気持ちになってしまうこともあるでしょう。

しかし、転職の選考というのは本来、採用されない人の方が圧倒的に多いもの。前提として落ちるのが当然と考え、できるだけ早く、気持ちを前向きに切り替えるといいですよ。「今回はご縁がなかったんだな」と捉え、自己アピールの方法などの作戦を練り直したうえで、次の選考へと気持ちをもっていくようにしましょう。

転職の動機を思い出す

心がくじけそうになったときは、「なぜ転職を決意したか」を今一度思い出してみてください。仮に「年収を上げたい」「スキルアップしたい」などのポジティブな理由で転職を決める場合であっても、その裏には「今の会社にいても年収が上がる見込みはない」「現職では今以上のスキルアップはできそうにない」といったネガティブな感情もあるのではないでしょうか。

ネガティブな感情は、時にポジティブな感情よりも強い原動力となり得ます。この原動力をうまく使って自分自身を奮い立たせてくださいませ。

ただし、ネガティブな感情、動機のまま選考や面接に臨むのは要注意です。採用側からするとネガティブな感情、動機はあまりよく思われません。動機の根本はネガティブだったとしても、ポジティブな動機に置き換えることを忘れない様にしましょう。

転職成功後の未来・失敗した場合の未来を想像する

転職が成功したときの自分の姿を想像することも、モチベーションを高める方法のひとつでございます。例えば高収入を得て豊かな生活を送る姿、高く評価されて周囲から頼られる姿、スキルアップ、キャリアアップして、今以上に活躍の場を広げている自分など、転職がうまくいくことで実現できる「成功した自分の姿」を、できるだけ具体的に想像してみましょう。

それでもモチベーションが上がらないときは、反対に転職に失敗した自分の姿を想像してください。今の職場でくすぶっている姿、いつまでも上がらない年収に不満を持ってしまう姿、とりあえず現職を辞めたものの次の仕事が見つからず困る姿……。「そうはなりたくない!」という気持ちで頑張れる気がいたしませんか?

行動編

転職活動に対するモチベーションを維持するには、以下のようなことに意識的に取り組むのも大切でございます。

活動スケジュールを立てる

転職活動をするにあたっては、必ず「いつまでに何社に応募する」などといったスケジュールを立てましょう。スケジュール通りにタスクを処理することを習慣化すれば、やる気に左右されず一定のペースで活動を行うことができます。

ただし、スケジュールを立てる際は余裕のあるものにすることをお忘れなく。無理があるスケジュールを立ててしまい、計画通りに進まなかった場合、かえってモチベーションを低下させる原因となります。

実現可能性の高い小さな目標を掲げる

スケジュールを立てるとともに、実現できそうな目標を掲げることも大切でございます。例えば1週間に応募企業を最低○件ピックアップする、職務経歴書を○枚書く、といった簡単な目標で構いません。

小さな目標を達成することは、知らず知らずのうちに自信へと繋がります。自信はモチベーションの源泉となる大切な要素。目標を立てる→達成するを繰り返し、日々自信を蓄えていきましょう。

モチベーションを高く保ってゴールまで走り続けよう!

モチベーションを維持するのは難しいことですが、常に高いモチベーションをもって精力的な活動を続けられれば、必ず結果はついてきます。転職活動中にくじけそうになったときは、ぜひ今回ご紹介したポイントと、この槇村の存在を思い出してくださいませ。お嬢様、ファイトでございます!(`・ω・)ノ

転職やキャリアアップをお考えの方、新しい「わたし」に出会いませんか?パソナのキャリアコンサルティングは、一緒にあなたらしいキャリアを見つけます。

一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%一緒に新しいを探せるって、心強い。パソナのキャリアコンサルティング満足度95%

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ