TOP > お悩み・ご質問 > 忘年会で発生する費用の勘定科目は?

お悩み・ご質問

2017.12.01(金)

忘年会で発生する費用の勘定科目は?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の相談
中小企業の経理を始めて3年になります。先輩に頼まれて、初めて忘年会の幹事兼経理処理を担当することになりました。幹事だけでも手一杯なのに、経理処理もしなければならず正直不安です。特に忘年会の勘定科目についていまいちわかっていなくて……SHOZOさん、助けてください!

富山県 ササジー(26歳)

もちろん助けようじゃないか!

よく俺を頼ってくれた!助けが必要なときはちゃんと誰かに助けを求めることが大切だ!昔、テニスの練習で誰にも助けを求められず、いつまでも自分の弱点がわからなかった俺がいうんだから間違いない!さて、忘年会の勘定科目項目については、以前に俺が説明をしていたな!基本的には「福利厚生費」として処理できるが、場合によっては「接待交際費」として計上されることもあるんだ!今回は忘年会の細かい点について、詳しく解説していくぞ!それじゃ行ってみよう、スマーッシュ!

景品代の勘定科目

忘年会のゲームといえばビンゴだよな!運任せで、会社での地位や成績を気にせずに済む、まさに忘年会にうってつけのゲームだ!景品もあるしな!ちなみに俺はゲームも恋愛も、リーチはしてもなかなかビンゴまでいかないんだよな~!

そうそう、ビンゴを筆頭に「全員に当たる可能性がある」ゲームの景品については「福利厚生費」として処理ができるぞ!ただし、景品が現金支給だった場合は、「福利厚生費」ではなく給与として扱われるから要注意だ!それと、あまり高価な景品だと「福利厚生費」として認められない可能性があるから、これも覚えておこう!

二次会、三次会の勘定科目

忘年会で盛り上がれば二次会、三次会に行こうという話が出てくるだろう!ここで覚えておきたいのが、忘年会は「福利厚生費」で処理できるが、二次会や三次会は基本的に「接待交際費」として処理されるという点だ!社員の全員参加が前提の忘年会と、飲みたい人だけが自由参加する二次会、三次会では違うってことだな!

社員の飲み会が「接待交際費」ということに疑問を感じる人がいるかもしれないが、「接待交際費」の枠には会社の従業員も含まれているから問題ないぞ!例外として、もしも二次会や三次会に忘年会のときと同じく社員全員が参加するようなら、「福利厚生費」として処理する場合がある!なかなかレアなケースだがな!俺も昔は三次会まで余裕で参加していたんだが、最近は体がきつくなってきたな!

タクシー代の勘定科目

忘年会が盛り上がりすぎて、ついつい終電を逃してしまう……なんてことがあるかもしれない!もちろん酒を飲んでいる以上、車を運転して帰るのは許されない!タクシーを使え!忘年会で利用したタクシー代は「福利厚生費」として処理できるぞ!

このタクシー代はなかなかややこしく、営業活動のときは「旅費交通費」、接待や会合のときは「接待交際費」、社内イベントのときは「福利厚生費」と処理の仕方が違ってくるから気をつけよう!忘年会は社内イベントだから福利厚生費で問題ない!ただ、もしも忘年会を接待交際費として処理しているときはタクシー代も接待交際費になるから、覚えておいてくれ!

忘年会の勘定科目は要注意だ!

忘年会の勘定科目はそのときの状況で変わる場合があるから、気をつけるんだ!だが、基本的には今回説明した処理方法で問題はないぞ!幹事兼経理処理は大変だろうが、まずは忘年会を楽しんでくれよ!というわけで、今回はここまで!君の悩みに……スマーッシュ!

「熱血経理SHOZOのお悩み相談室」では、君たちからの熱い質問を待っているぞ!経理・会計・財務のことなら、どんな質問でも打ち込んでこい!そうだ、もっと声を出せ!スマーッシュ!

>>SHOZOへ質問を打ち込む

派遣でキャリアアップ、ライフスタイルを重視したい方、パソナだからできる派遣経理をご紹介しています。お仕事だけでなく、福利厚生も充実!

理想のキャリアを実現します パソナだからできる派遣経理のお仕事紹介理想のキャリアを実現します パソナだからできる派遣経理のお仕事紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
新規CTA
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ