TOP > お悩み・ご質問 > IFRSについて学んでおいた方がいいですか?

お悩み・ご質問

2018.03.09(金)

IFRSについて学んでおいた方がいいですか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今週の相談
10年以上経理の仕事に就いてきて、ある程度の経験は備わってきたと思います。ただ、まだまだ足りない部分が多いことは自覚しているので、日々スキルアップの道を模索中です。最近、IFRSが広まってきているというのを耳にしました。スキルアップのためにIFRSを学ぶのは必須かなと思うのですが、正直あまり詳しくないので説明をお願いしたいです。

東京都 一平(36歳)

IFRSの習得は世界で活躍する経理になる第一歩だ!

積み重ねてきたキャリアに満足することなく、更なるスキルアップを目指す一平君は偉い!しかもIFRSに注目するとは、目の付け所が良いな!IFRSを習得すれば、世界で活躍する経理になるのも夢ではない!テニスのグランドスラムで優勝を目指している俺と一緒に、一平君が世界へ羽ばたいていけるよう、今回はIFRSについて説明していくぞ!それじゃ行ってみよう、スマーッシュ!

IFRSとは?

以前に少し俺が触れたことがあったが、IFRS(International Financial Reporting Standards)とは、国際会計基準審議会(IASB)が設定した世界共通の会計基準のことだ!これまでは1つひとつの国に独自の会計基準があったため、比較がとても難しかったんだな!そこで登場したのがIFRSというわけだ!

IFRSには年に3回(2月、6月、10月)検定試験があり、合格すれば経理としてかなりのステータスとなることは間違いないだろう!テニスプレーヤーがグランドスラムのいずれかで優勝するようなものだな!

日本でもIFRSは徐々に浸透してきている!

巨大な資本市場を持つ多くの国ではIFRSの適用が即座に義務化されたが、日本ではなかなか導入がスムーズに進まなかった!現在も適用が義務化されているわけではないが、着実に広まりつつあるのはたしかだ!

2017年に金融庁が発表したデータによると、IFRSを導入している企業は135社となっている!これは2010年に日本でIFRSの任意適用が開始されてから最高の数値だ!導入しているのは大手の企業がほとんどで、中小企業にはまだまだ普及していないが、グローバル化が進んでいる今、この先もIFRS導入の波が広がっていくと俺は思っている!

IFRS導入のメリットとは?

どうしてIFRSを導入する企業が増えているのか、気になる人もいるんじゃないか?理由は簡単!それだけメリットが多いということだ!たとえば大手の企業だと海外に子会社がある場合が多いだろうが、IFRSを導入していれば会社間の指標が同じになるから、経営管理がとても楽になる!他にも、日本独自の会計基準よりIFRSの方が業績を適切に反映できるというメリットがあるとも言われているな!

それと、IFRSを導入していれば財務諸表が世界共通となることから、海外投資家とのやりとりがスムーズになったり、海外からの資金調達で有利になったりなど、とにかくグローバルに事業を展開している企業にとってはメリットが多いぞ!俺も早くグランドスラムで優勝して、どんな国に行っても知られている男になりたいものだな!

IFRSを学んでおいて損はない!

たとえIFRSを学んだとしても、日本では上場企業やグローバル展開している企業の様に、限られた環境でしかまだ活かせないかもしれない!だが、データを見ても徐々にIFRSが浸透してきているのは明らかだ!今のうちにスキルとして身に付け、将来のキャリアアップに役立てたいところだな!というわけで、今回はここまで!君の悩みに……スマーッシュ!

「熱血経理SHOZOのお悩み相談室」では、君たちからの熱い質問を待っているぞ!経理・会計・財務のことなら、どんな質問でも打ち込んでこい!そうだ、もっと声を出せ!スマーッシュ!

>>SHOZOへ質問を打ち込む

派遣でキャリアアップ、ライフスタイルを重視したい方、パソナだからできる派遣経理をご紹介しています。お仕事だけでなく、福利厚生も充実!

理想のキャリアを実現します パソナだからできる派遣経理のお仕事紹介理想のキャリアを実現します パソナだからできる派遣経理のお仕事紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
新規CTA
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ