TOP > スキルアップ > 【資格】改訂版簿記2級のワンポイントレッスン~リース取引~

スキルアップ

2017.05.09(火)

【資格】改訂版簿記2級のワンポイントレッスン~リース取引~

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おう!お前らゴールデンウィークは満喫したか?連休中は各地の鯉のぼりを眺めながら過ごした、経理サバこと財前サバ夫だ。鯉のぼりたちの広大な青空を泳いでいる姿がたまらなく好きだぜ。お前らは家に引きこもるヤドカリみてぇな生活じゃなかったよな?今回の改訂版簿記2級のワンポイントレッスンでは、2017年度(平成29年度)から新たに出題範囲となる「リース取引」について解説していくぜ!

購入とリース取引の違いを正しく理解しろ!

リース取引は、物件を所有する貸手(リース会社)が借手(企業)に一定期間使用する権利を与え、借りた側がその分の使用料を支払う取引のことだ。分かりやすく例えると、コピー機や複合機がいい例だな。コピー機や複合機は継続的に使うから固定資産になるんじゃないかと思ったヤツもいるんじゃねぇか?だが、そりゃ間違いだ。分割して代金を支払う点は購入するのと同じだが、リース取引の場合は資産の所有権がリース会社にあるってところが大きく違う。

リース取引を行う意味

リース取引の対象となるのは事務用機械からIT関連機械、土木建設機械、車両など。つまり、ほとんどのものがリースの対象になっているわけだ。まずは、リース取引を行うメリットとデメリットを正しく理解しておけよ!

リース取引のメリット

リース取引の最大のメリットは、導入時の初期費用を抑えられる点だ。リース取引では頭金が不要で分割して支払えるから、一括購入する資金がなくても購入できるわけだな。所有者はリース会社になるから、固定資産税の計算や納付の手続きなどの事務処理を省略することができるって点も大きい。

リース取引のデメリット

リース取引にはデメリットもある。リース料の中には金利や保険料、リース会社の利益が上乗せされているから、支払総額は自社で購入するよりも多くなっちまうんだ。リースの契約によっては、途中で契約を解除すると違約金が発生しちまう。リース期間が終了しても、自社のものにはならないって点にも気をつけないといけねぇな。

簿記2級で出題されるリース取引の処理

これまでリース取引は簿記1級の出題範囲だったわけだが、一部が簿記2級に出題されるようになったのは、リース取引が大企業だけのものじゃなくなってきたって背景がある。今回は簿記2級で出題される「ファイナンス・リース取引の借手側の処理(利子込み法、利子抜き法)」と「オペレーティング・リースの借手側の処理」について解説するぜ。

ファイナンス・リース取引

「契約の途中で解約できない」、「借り手がリース物件の経済的収益を享受し、使用に関わるコストを実質的に負担する」。この2つの条件を満たした取引がファイナンス・リース取引だ。上記のどちらにも該当しない場合はオペレーティング・リース取引になるぞ。

「リース期間:5 年間、リース料:年額1,000,000円(毎年 3 月末日払い)、リース資産:見積現金購入価額 4,500,000円」とした場合の各仕訳は以下の通りだ!

ファイナンス・リース取引(利子込み法)

ファイナンス・リース契約時の仕訳はこうなる。リース契約時にはリース料の総額で借方にリース資産勘定を、貸方にリース債務勘定を記入してくれ。

借方 貸方
リース資産 5,000,000 リース債務 5,000,000

3月末日払い時のリース料支払いの際の仕訳はこうだ。ファイナンス・リース取引の利子込み法を使う場合は、支払時の利息は発生しない。

借方 貸方
リース債務 1,000,000 現金 1,000,000

決算日の原価償却の決算整理仕訳は以下の通りだ。減価償却費はリース資産の金額を使って、残存価額ゼロ、リース期間を耐用年数として計算するわけだな。

借方 貸方
変化処理 1,000,000 リース資産減価償却累計額 1,000,000
ファイナンス・リース取引(利子抜き法)

ファイナンス・リース契約時の仕訳はこうなる。リース契約時には、リース料の総額で借方にリース資産勘定を、貸方にリース債務勘定を記入するぜ。

借方 貸方
リース資産 4,500,000 リース債務 4,500,000

3月末日払い時のリース料支払いの際の仕訳は、以下の通りだ。リース料総額5,000,000円から見積もり現金購入額4,500,000円を引いた500,000円をリースする年数で割ったものが利子相当額になる。

借方 貸方
リース債務 900,000 リース現金 1,000,000
支払利息 100,000

でもって、決算日の原価償却の決算整理仕訳は以下のようになる。減価償却費はリース資産の金額を使って、残存価額ゼロ、リース期間を耐用年数として計算する点は利子込み法と同じだな。

借方 貸方
減価償却費 900,000 リース資産減価償却累計額 900,000
オペレーティング・リース取引

リース契約がオペレーティング・リース取引だった場合、リース契約時の仕訳は不要だ。3月末日払い時のリース料支払いの際には、借方に支払いリース料勘定を、貸方に現金勘定を記入する。

借方 貸方
支払リース料 1,000,000 現金 1,000,000

簿記2級の出題範囲を理解して対策すべし!

まずは簿記2級の出題範囲であるファイナンス・リース取引(利子込み法・利子抜き法)とオペレーティング・リース取引の会計処理をマスターすることが大切だ。ただ計算や仕訳の方法を学ぶだけじゃなく、リース取引を使うメリットを考えながら理解するといいと思うぜ!

利子抜き法での利息法や級数法によった場合の処理、「セール・アンド・リースバック取引」なんかは簿記1級の出題範囲のままだ。まずは簿記2級に必要な知識を勉強することからはじめるいといいぜ。じゃ、今回はここまでだ。あばよ!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
サバ夫の「VLOOKを使いこなせ!」
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ