TOP > スキルアップ > 【年末調整】会計ソフトで効率的にこなしていけ!

スキルアップ

2017.12.05(火)

【年末調整】会計ソフトで効率的にこなしていけ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おう!趣味の寒中水泳でマッチョな美ボディを保ち続ける経理・会計・財務スイマー、経理サバこと財前サバ夫だ!お前たちの中には年末調整業務が忙しすぎて、池の鯉みたいに口をパクパクさせてるヤツも多いんじゃねぇか?ただでさえ慌ただしい年末、なるべくクールに仕事を進めてぇってのが本音だよな。そんなわけで、オレ様からオススメするのが年末調整の会計ソフト利用だ。

忙しい年末は一つひとつの作業をスマートにこなせ!

年末調整への疑問なんかは、冬でも熱いアイツが説明してっから、ここでの説明は割愛していくぞ。11月中に従業員から年末調整に必要な源泉徴収票を集め終わったら、まずは中身をしっかりと確認しろ。そして、年末調整が本番を迎える12月に向けて英気を養うんだ。今のうちに音を上げてるようじゃ、おしまいだからな!

複雑な計算はソフトにすべておまかせ

年末調整には、「給与所得者の扶養控除等申告書」や「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」なんかがあるんだが(タイトルが長いな!)、中身は結構複雑だ。職員によって家族構成や入ってる保険が違うから、いろんな控除をしなきゃならねぇ。ある程度の従業員数を抱えてる会社の経理・会計には結構な負担になるだろう。控除額は年収ごとに計算方法が決まってるから地道にやれねぇこともねぇが、電卓片手に計算してたんじゃ、時間がいくらあっても足りねぇな。

そこで、会計ソフトの出番ってわけだ。会計ソフトには最初から年末調整に対応してるバージョンも多いから、まずは自分のPCと相性がいいかチェックしてみるといいぞ。

年末調整業務がこれ一本でスムーズに!

年末調整に対応した会計ソフトなら、扶養者や保険料なんかの基本情報を入力しとくだけで、勝手に計算して控除額を割り出してくれるんだ。「年末調整は未経験」っていう新米 経理・会計でも、スムーズに年末調整の処理を進められると思うぜ。

計算が完了したら、従業員向けに源泉徴収票や役所に出す給与支払報告書の作成に移るわけだが、会計ソフトによっては税務署や役所に提出する用紙と同じフォーマットで印刷できて便利だぞ。

RPAを駆使して自動化する方法もあるぞ!

年末調整の効率化は何も会計ソフトだけじゃない。オレ様がこの前に教えたRPAを使って、作業を自動化しちまうのも大いにアリだ!年末調整に関する計算をロボットに任せれば、ほかの作業に注力できるからな。まさに、ルーチンワークはロボットに任せてコア業務を人間がやるっていう、RPAのコンセプト通りの使い方ができるってわけだな。

慌ただしい年末は効率化してスキルアップに励め

年末みてぇに1年でトップクラスに忙しいときこそ、効率アップを図っていくべきだよな。業務の濁流にのまれて溺れそうになるよりも、ヨットの上で余裕をもって仕事をするほうがいいに決まってるだろ?そのほうが、スキルアップにつながる時間も捻出できるってもんだぜ。それじゃ、今回はこのへんでおいとまするぜ。あばよ!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
サバ夫の「VLOOKを使いこなせ!」
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ