TOP > スキルアップ > 【資格】日商簿記と一緒に受けられる「電子会計実務検定」って?

スキルアップ

2018.02.13(火)

【資格】日商簿記と一緒に受けられる「電子会計実務検定」って?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おう!デジタルな大海を優雅に泳ぐエレクトリックフィッシュ、経理サバこと財前サバ夫だ!日商簿記検定が近づいてるが、お前たちに知っといてもらいたい別の検定試験がある。それは「電子会計実務検定」だ。今回は自分のスキルアップの証明にもなる、電子会計実務検定について語っていくぞ。

経理・会計・財務も今やデジタルの世界だ!

電子会計実務検定は日商簿記と同じく、日本商工会議所が実施する検定試験だ。本格的なネット社会を迎えた現在、経理・会計・財務の業務で、パソコンや会計ソフトを使わねぇなんてことはほとんどなくなってる。そこで、しっかりと簿記の知識をもちながら、デジタルの技術も使いこなしてほしいっていう、社会のニーズがあるわけだな。そこで作られたのが電子会計実務検定だ。

電子化した業務に合わせる形で新設された検定だ

電子会計実務検定は企業の電子会計の実践とその対応力を高める目的で作られた検定試験だ。最近の経理・会計・財務はエクセルや経理ソフトが使えるなんてのは大前提で、それ以上のことが求められつつある。とくに今後は電子申告や電子納税なんかの業務が増えてくるから、それに対応できる人材の育成も視野に入れられてるってわけだ。

試験は3級から1級まであって、難易度もそれに比例して上がっていく。ちなみに試験には「弥生会計」「勘定奉行」「会計王」といった会計ソフトが使われるぞ。会計ソフトは種類だけじゃなくバージョンも指定されてるから、比較的古いのを使ってるヤツは要注意だな。詳細は公式ページで確認しておけよ。

簿記検定との違い

簿記検定は簿記の実務を重視した内容になってるが、最近はパソコンの会計ソフトを使えば、そこまで簿記の知識がなくても経理や会計業務をこなせるようになった。むしろ、会計ソフトの使い方と、そのデータ活用や分析に関するスキルが求められるようになってきてる。インターネット社会に適応したスキルと知識、それを学ぶための試験問題になってる点が、簿記検定との大きな違いだな。

これからの時代に合わせた資格ってわけだな

今の社会はデジタル化が加速しているから、大企業はもとより、中小企業も電子会計による処理が求められるようになってきた。 まさに今の状況にピッタリの資格だな。
電子会計実務検定は、商工会議所ネット試験の統一試験日 である、毎月第3金曜日(金曜が祝日ならその前日だ!)に開催されてるから受けてみるのもいいだろう。ただし、商工会議所ネット試験の統一試験日には、他の検定試験も同時に開催されていることもあるから、他の試験も受けようと考えているなら注意が必要だ。

ちなみに、電子会計実務検定の2級と3級の試験は、最寄りのネット試験会場で受けられるようになってる。試験日は会場によって違ってるから、詳しい開催場所と試験日は事前によく調べておくんだな。

ただし、1級のみ年2回しか開催されねぇから(平成30年は2月18日に施行予定)、試験会場をしっかりと調べとく必要があるだろう。次回の開催以降も会場の情報は随時更新されるみてぇだから、要チェックだ。

これからデジタル化してく経理・会計・財務の仕事に適応してくためにも、自分のスキルの証明として電子会計実務検定を受けるのもいいだろう。それじゃ、今回はここまで。あばよ!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
サバ夫の「VLOOKを使いこなせ!」
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ