TOP > 経理用語 > 「管理会計」|経理用語解説

経理用語

2017.10.02(月)

「管理会計」|経理用語解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!数量限定や期間限定といった限定ものに弱い経理ガールの真由美です♪

皆さんは「限定」に惹かれちゃう事ってありませんか?私は限定と付くスイーツを見ると思わず目が行ってしまいます。(笑)そんな私が最近気になっているのが、有名なチョコレートショップとコンビニでコラボ商品したアイスクリームです!ショップの定番メニューのチョコとマシュマロがたっぷり乗ったピザをイメージして作られた「数量限定アイス」と聞いたら気にならずにはいられません!もちろんショップでも秋限定メニューやハロウィン限定メニューが頂けるので、足を運ばないとですね!(笑)

それでは第174回の経理用語です!

企業内部で大活躍の会計「管理会計」

174回目の経理用語は「管理会計(かんりかいけい)」!

管理会計とは社外に向けての報告が目的の制度会計とは違い、経営者や上層部が今後の方針に関して意思決定やマネジメントを行う際に利用するための社内に向けた会計です。前に槙村さんサバ夫親分もお話していましたね。

会計と聞くと「会計期間があったり書き方にルールがあったり…」というイメージがあるかもしれません。しかし管理会計はあくまで会社内で使用する資料なので、会計期間やルール、形式など企業独自のルールで作成することができます。また必ず行わなければいけないという決まりもないため、会社によっては管理会計を行っていない場合もあります。

しかし管理会計は経営分析や今後の計画を考える際に役立つものであり、企業を成長・発展させていくうえでは非常に重要といえます。そのため企業経営を左右することもある管理会計スキルを持つことは、キャリアアップに繋がるといっても過言ではないでしょう。

真由美のミニミニ豆知識
財務会計では主に売上利益・経常利益・純利益などが重要視されますが、管理会計においては「限界利益」が重要視されることが多いです。限界利益は「限界利益=売上高-変動費」で求めることができます。もしこの限界利益から固定費を差し引いてマイナスになった場合は、「固定費が賄えていない」という状態を表します。場合によっては営業利益や経常利益が黒字であっても、限界利益から固定費を差し引いた額がマイナスになることもあるため注意が必要です。

いろいろあるけど、経理は目的に合った会計で見通しをクリアにすることが一番ですよね!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
英文経理 勘定科目ブック 無料プレゼント!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ