TOP > 経理用語 > 「単独決算」|経理用語解説

経理用語

2017.10.16(月)

「単独決算」|経理用語解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!最近スイーツをテイクアウトして外で食べることにハマっている経理ガールの真由美です♪

段々と過ごしやすい季節になってきて、外でスイーツを食べるのにもぴったりの季節になってきましたね♪眺めのいい開放的な場所でスイーツを食べれば、ただでさえ美味しいスイーツが更に美味しく感じます!そんな私が最近ハマっているのが、最近出始めたテイクアウト専門のパンケーキ屋さんです!焼きたての小さなパンケーキに豊富なトッピングの中から自分好みにアレンジができて、味はもちろん見た目も可愛いパンケーキができちゃうんです♪テイクアウトなのでついつい食べ過ぎてしまう心配がないのも嬉しいですね。(笑)

それでは第175回の経理用語です!

一つの会社だけの決算!「単独決算」

175回目の経理用語は「単独決算(たんどくけっさん)」!

単独決算とはその名の通り、ある企業における「単独の決算」のことで、個別決算とも呼ばれています。その企業単体で期中にどのようなお金の出入りがあったのか、どれだけ利益があったのかなどを把握できます。単独決算の反対が、グループ全体の決算を指す「連結決算」です。

少し前までは、単独決算で作成される「個別財務諸表」が重視され、投資の参考とされる傾向にありましたが、2000 年の3 月期からは連結決算による開示制度が採用されています。「グローバル化が進んだことで国際的に足並みをそろえる必要が出てきたこと」、「親会社が持株会社となる企業の増加に伴って、単独決算では会社の実態がわかりにくくなったこと」などが主な理由です。

基本的に連結決算ではグループ全体での決算となるため、単独決算のように赤字を別の会社のものとして計上することはできないためより正確な企業の状況を読みとることが可能です。しかし連結決算をするにあたって、株式の保有比率など様々な条件のもとで連結の範囲に含めるのか含めないのかが決められます。そのため特定の子会社を連結条件の範囲外にし、赤字分を負担させるケースもあるといわれているため注意が必要です。

真由美のミニミニ豆知識
単独決算(個別決算)によって作成される財務諸表を「個別財務諸表」といい、連結財務諸表によって作成される財務諸表を「連結財務諸表」といいます。財務諸表にはどちらにも共通して「基本財務諸表」という項目があり、それは以下の4項目です。
賃借対照表(B/S)
損益計算書(P/L)
キャッシュフロー計算書(C/F)
・株主資本等変動計算書(S/S)
なお、金融商品取引法上の「個別財務諸表」は、これに付則明細書をセットにした5 つから成ります。これらは財務諸表の中でも、代表的な資料なので、しっかりと覚えておきましょう。

いろいろあるけど、経理はしっかりと全体を把握することが一番ですよね!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
英文経理 勘定科目ブック 無料プレゼント!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ