TOP > 経理用語 > 「現物給与」|経理用語解説

経理用語

2017.11.27(月)

「現物給与」|経理用語解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こんにちは!こたつに入ってミカンをついつい食べすぎてしまっている経理ガールの真由美です♪

もうすぐ12月!こたつを出してぬくぬくと温まりながら食べるミカンは最高ですよね!「ミカンを食べすぎると手や足が黄色くなっちゃうからほどほどにしないと…」と思っていてもついつい手が伸びてしまいます。(笑)ミカンにはβ-カロテン、β-クリプトキサンチン、ビタミンCが豊富に含まれていて免疫力アップや美肌、更には骨粗しょう症の予防やガンの発生の抑制に効果があるといわれているんですよ!なので皆さんもミカンを食べて健康的に冬を過ごしてくださいね♪でも食べすぎには要注意ですよ!(笑)

それでは第181回の経理用語です!

意外と受け取っている!?「現物給与」

181回目の経理用語は「現物給与(げんぶつきゅうよ)」!

現物給与とは金銭以外の物や権利、その他の経済利益として支払われる給与です。基本的に給与は金銭で支払われるものですが、意外と知らないところで現物給与として受け取っているものも多くあります。例えば社員食堂の利用や食事の支給、自社商品の割引・授受、また社員旅行やレクリエーションなどの費用を会社が負担している場合は現物給与にあたります。

現物給与では、以下のものなど非課税となるものあるため覚えておきましょう。

●昼食の支給
・役員または使用人が食事の50%以上を負担している場合。
・使用者の負担額が月額3500円以下の場合。
●残業・宿日直の食事の支給
●深夜勤務者に対する金銭による食事代
・1回の支給額が300円以下の場合
●創業記念品など
・価格が1万円以下かつ2回以上支給する場合は5年以上の間隔が空いている事。
●永年勤続者表彰記念品
・10年以上勤務した人が対象かつ、2回以上表彰する場合は5年以上の間隔が空いている事。

真由美のミニミニ豆知識
現物給与と似た意味のもので「福利厚生」があります。基本的に同じ状況でも「企業側」か「従業員側」なのかという視点によって呼び方が変わっているだけで、内容に具体的な違いはありません。しかし経営者視点からでは、「現物給与」となるのか「福利厚生費」として経費にすることができるのかということが条件によって変わってきます。そのため支給の際はしっかりと条件を確認して、損をしないように注意しましょう。

いろいろあるけど、経理はお金意外もしっかりと管理することが一番ですよね!

これまでのスキル・経験を生かし、スキルアップ・キャリアアップしませんか?パソナの研修・キャリアコンサルティングは専門職種の研修も幅広く展開しています。

パソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境でパソナの研修 キャリアコンサルティング 専門職種の研修が充実 あなたのスキルを新しい環境で

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シゴ・ラボCTA(記事下)
英文経理 勘定科目ブック 無料プレゼント!
経理のキャリアアップ・チャレンジならパソナ